• 遺産相続で債務が多い時は相続放棄が可能です

    遺産を相続する際に、債務、つまり借金などの負の遺産があまりに多い場合は、相続せずに放棄することができるのをご存知でしょうか。
    たとえば親の残した債務を返済すると、家族の生活が成り立たなくなるという場合、それを理由に、自主的に相続人の権利を放棄する方法を採ることができます。



    これを相続放棄といいます。

    この相続放棄をするには、所定の手続きを行う必要があり、自分が相続人となってから3か月以内に、家庭裁判所に対して相続放棄申述書という書類を提出することになります。家庭裁判所に認められると、受理通知書が送られて来ます。


    もし手続きを行わなかった時は、単純承認といって、普通に相続を引き受けることになりますので、放棄する場合は早めに書類を提出しましょう。3か月以内ではちょっと難しいという場合は、さらにもう3か月延長してもらうこともできます。

    YOMIURI ONLINEの情報をご説明します。

    また相続放棄ではなく、限定承認という形を取ることも可能です。


    これは遺産に、債務が多いのかそうでないのかが不明な場合に採る方法で、もし債務が多い時は、遺産で返済できる範囲内で返済を行います。


    また債務が少ない場合は、まず遺産の分でそれを返済し、残った額を相続するという方法です。
    ただしこの方法は結構複雑ですので、弁護士や司法書士に相談してみるといいでしょう。
    また相続人のうち、一人でも単純承認を受け入れる人がいれば、限定承認を選択することができません。


    そのため、まず相続人全員で話し合ってから、手続きを行うようにします。



  • 社会をよく学ぶ

    • 遺産相続は被相続人が死亡した時点で開始されることが民法で定められています。そして、相続人の意思に関係なく、被相続人が保有していた遺産のすべてが相続人に承継されます。...

  • 初心者向き社会

    • 相続はプラスの財産だけを引きつぐ訳ではありません。借金などの債務も財産と共に受け継ぐことになります。...

  • 耳より情報

    • 亡くなった人の財産を相続することは必ずしも得になることだけではなく、逆に大変なことに巻き込まれてしまうこともあるので注意する必要があります。何も知らないで単純承認をしてしまって後から亡くなった人の財産は債権よりも債務の方が多かったと分かっても、何もすることができずに結局借金を背負わされることになります。...

  • 社会について思うこと

    • 相続によって亡くなった人の遺産を得るというのは、相続人にとってはその後の生活の不安がなくなるという意味でありがたいものですが、実際にはそのようにはならないこともあるものです。亡くなった人に多額の借金があったり、本人ではなくても、誰か別の人の借金の契約の連帯保証人になっていたりした場合が挙げられます。...