• 相続放棄における保証債務

    遺産相続は被相続人が死亡した時点で開始されることが民法で定められています。
    そして、相続人の意思に関係なく、被相続人が保有していた遺産のすべてが相続人に承継されます。

    すべての遺産であるため、財産だけではなく、中には借金もあります。
    なお、相続は相続人の自由であることから、仮に、遺産のほとんどが借金である時は「相続放棄」をすることが有効です。
    それは、法律上もともと相続人ではなかったものと看做されるため、被相続人の借金が一切関係なくなります。また、相続人ではなかったことになるため、子供がいたとしても代襲相続をしなくて済みます。



    ちなみに、一度相続放棄をすると、どんな理由があっても撤回はできません(脅迫などによる場合は除く)。ところで、被相続人が貸金業者と第三者に対する連帯保証人の契約を結んでいたとしても、相続人が相続放棄をすることで連帯保証人としての債務を相続する必要が無くなります。


    ただし、相続人が被相続人の借金の連帯保証人になっていた場合は、相続放棄をしたからといって被相続人が負っていた借金の返済義務がなくなるわけではありません。

    2ちゃんねるの専門サイトのこちらです。

    つまり、被相続人の借金は相続放棄によって返済義務が無くなりますが、相続人自身が貸金業者と結んだ連帯保証契約は被相続人の生死とは関係ない別個の契約です。
    従って、連帯保証契約は被相続人の死後も継続され、被相続人が亡くなったことで返済が不能になった場合は、連帯保証している相続人が即時に返済しなければなりません。