• 相続放棄をする時の手続きについて

    亡くなった人の財産を相続することは必ずしも得になることだけではなく、逆に大変なことに巻き込まれてしまうこともあるので注意する必要があります。

    何も知らないで単純承認をしてしまって後から亡くなった人の財産は債権よりも債務の方が多かったと分かっても、何もすることができずに結局借金を背負わされることになります。
    ですから財産を相続する時には十分に注意する必要がありますが、もしある人の相続人になって債務の方が債権よりも多いと分かったら相続放棄をした方が良いです。



    相続放棄をすることによって債権だけでなく債務も継承することがなくなるので、借金を背負わさなくて済むことになります。ただその時に十分に注意すべきことはしっかりと手続きをしないと単純承認をしたものと見做されてしまうこともあるので、その点は気を付けることが大切です。



    相続放棄の手続きは亡くなった人の住所地を管轄する家庭裁判所に行って、相続放棄申述書や被相続人の住民票の除票と戸籍謄本などを揃えて相続を放棄する申請をすることになります。

    あなたの探していたエキサイトニュースについての情報ならこのサイトです。

    そしてそれが認められれば家庭裁判所から相続放棄申述受理通知書が交付されて来て一件落着となるのですが、申述する期間には十分に注意する必要があります。自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内にこの手続きを行わないと単純承認をしたものと見做されることになるので、何時迄に手続きを行わなければならないのかよく知っておくことがとても重要です。
    またどうしてもこの手続きについてよく理解できない場合には、弁護士事務所に行って相談してみるのも良いと思います。