• 相続放棄の期限を過ぎてしまったら

    相続はプラスの財産だけを引きつぐ訳ではありません。


    借金などの債務も財産と共に受け継ぐことになります。

    ですから場合によっては受け継ぐ財産よりも債務のほうが大きいことになり、相続と共に借金を背負ってしまうことにもなりかねません。



    そこで法律ではこのような事態に陥ることを防ぐため、相続放棄という手続きを定めています。



    相続放棄を行えば財産を受け継ぐことができなくなりますが、それと同時に債務も放棄できるので、相続人の生活に悪影響が及ばないようにすることができます。


    ただしこの相続放棄には期限が設けられています。

    基本的には相続が開始したことを知ってから3か月以内に手続きをすることが必要になります。

    もしこの期限が過ぎてしまった場合は自動的に相続したことになりますので、仮にあとから借金が発覚した場合でも、相続人は支払い義務から逃れることができなくなります。しかし相続のなかには財産や債務の確定が難しいケースも多々あります。
    相続放棄の期限が過ぎてから、思わぬ借金が出てくることも少なくないでしょう。
    そこで法律では相当にお理由があると認められれば、期限が過ぎてからでも相続放棄ができるとも定められています。もちろん裁判所に認めらもらう必要がありますが、完全に道が閉ざされているわけではありません。

    相続に関すしては弁護士などが専門家ですので、期限が過ぎたあとの手続きについても気軽に相談してみるといいでしょう。

    @niftyニュース情報があれば全てが解決します。

    ただいくら専門家でも期限後に相続の放棄を認めてもらえるようにするのは困難なことがありますので、基本的には期限内に相談しておいたほうがいいでしょう。