• 相続放棄の手続きとは

    相続によって亡くなった人の遺産を得るというのは、相続人にとってはその後の生活の不安がなくなるという意味でありがたいものですが、実際にはそのようにはならないこともあるものです。

    日本経済新聞といえばこちらです。

    亡くなった人に多額の借金があったり、本人ではなくても、誰か別の人の借金の契約の連帯保証人になっていたりした場合が挙げられます。



    こうした場合ですが、単純承認といって、遺産をそのまま受け継ぐことにしてしまうと、借金の支払いの義務までも相続人に移ってしまいますので、逆にやっかいなことになっています。

    このため、相続放棄という手続きをすることによって、亡くなった人からの債務を引き受けないという選択をしておくことがたいせつとなってきます。



    相続放棄の手続きは、家庭裁判所に対して、相続がはじまったことを知ってから3か月以内に、申述書を提出することによって行います。
    この申述書の様式は裁判所の窓口でもらってくることも、また裁判所のホームページからダウンロードすることもできますが、基本的には住所や氏名などの必要事項を書く欄がもうけられていて、相続放棄をする理由なども選択肢のなかから丸で囲む程度ですむために、それほどむずかしいものではありません。

    ただし、相続放棄の申述書そのもののほかにも、戸籍謄本、住民票の除票などといった、いくつか用意なければならない書類があるため、これらをそろえるのに時間がかかってしまう場合がありますので、早めに手続きの準備にとりかかったほうがよいでしょう。